競技規則・ローカル・ルールズ

競技規則

  1. クラブ競技規則の運用についての一切の事項は、競技委員会 (以下委員会と称す) が決定する。
  2. 当クラブ公認のハンディキャップの取得をしてない者は、競技に参加できない。
  3. クラブ選手権・シニア選手権・グランドシニア選手権・レディス選手権並びにスクラッチ競技を除く全ての競技は、ハンディキャップを付して行なう。
  4. 競技参加の申込みの締切りは、競技開催日の10日前とする。ただし、事情によりこれを変更することができる。
  5. 組み合わせスタート時刻について。
    各競技は、委員会がこれを決定し参加者に通知する。
  6. 競技参加者は、スタート時間の10分前までにスタートホールのティーイングエリア周辺に到着しているべきである。
  7. 競技参加者が12名(シニア・グランドシニア・レディス競技に限り3名) に満たない場合は、その競技は成立しない。
    ただし、委員会が特に認めた場合はこの限りではない。
  8. 県知事杯・理事長杯・スクラッチ競技・シニア選手権・グランドシニア選手権・レディス選手権・クラブ選手権・キャプテン杯は競技不参加者を伴う事ができない。
  9. 委員会が、当日のコースコンディションがプレーに不適当と認めた場合は、競技を中止、または、延期する事ができる。
  10. 競技の区分並びに参加資格は、以下の通りとする。
    1. 競技は次の通り区分する。
      1. ハンディキャップ別
        Aクラス……ハンディキャップ0 ~12
        Bクラス……ハンディキャップ13~36
      2. 年齢別
        松組……当該年70歳以上
        竹組……当該年60歳以上~69歳以下
        梅組……当該年59歳以下
    2. 下記の競技の参加資格は、次の通りとする。
      1. シニア選手権
        …当該年60歳以上(ただし、70歳以上参加資格有)
      2. グランドシニア選手権
        …当該年70歳以上
      3. レディス選手権
        …女性に限る
    ※当該年とは令和4年1月1日から令和4年12月31日までの期間とする。
  11. マッチプレーは、予め定められた日時に行なう。
    ただし、やむを得ない事由で定められた日時にプレーをすることができない時は、相手の承認があり、且つ委員会の承認を得た場合に限り予定日時を変更することができる。
  12. 競技参加者は18H終了後ただちにスコアカードに同伴競技者のアテストを受け、且つ自身も確認の署名をした上で委員会に提出しなければならない。
  13. 各競技でタイとなった場合は、次の通り順位を決定する。
    1. ハンディキャップ競技
        ハンディキャップ上位者、年長順、マッチング・スコアカード方式の順とする。
        ベストグロスはマッチング・スコアカード方式とする。
    2. マッチプレー
        いずれか一方が1アップするまで試合を続行する。
    3. クラブ選手権予選
      1. 上位16名までの順位の決定は、マッチング・スコアカード方式とする。
      2. メダリスト、並びに16位がタイの場合は、サドンデス・プレーオフとする。ただし、プレーオフ不能の場合はマッチング・スコアカード方式とする。
    4. スクラッチ競技
      1. 予選ラウンドの上位12位タイまで決勝進出とする。決勝進出者の順位の決定は、マッチング・スコアカード方式とする。
      2. 優勝者のスコアがタイの場合は、サドンデス・プレーオフで決定する。
      3. 優勝者以外のスコアがタイの場合の順位は、決勝ラウンドのマッチング・スコアカード方式で決定する。


附則

  1. 委員会は、必要に応じ競技参加の資格を限定する事がある。
  2. 委員会は、必要に応じ競技規則を改廃し、また、臨時ローカルルールを規定することができる。詳細は場内掲示、または、別の方法を用いてその都度競技参加者に通知する。
  3. ハンディキャップが変更された場合は、競技進行中といえども新しいハンディキャップでプレーしなければならない。
  4. クオリファイの組には、先行権を与える事もある。
  5. 本クラブは、プレーヤー以外のコース内立ち入りについては、予め本クラブの許可を必要とする。
  6. 本規則に違反する場合は、失格とする場合がある。

ローカル・ルールズ

  1. アウト・オブ・バウンズの境界は、白杭をもって標示する。また、1番左、6番グリーン奥、10番右、11番左、14番グリーン右奥にある白杭は、ラインOBとする。
  2. 修理地は青杭を立て、白線をもってその限界を標示し、プレー禁止とする。
  3. コース内の池は、全てレッドペナルティエリアとし、赤線をもってその限界を標示する。
  4. 電磁誘導カート用の2本の人工の表面をもつ軌道は、全幅をもってカート道路とみなす。球がこの間に止まった場合、競技者はゴルフ規則16.1aの救済を受けなければならない。このローカルルールの違反の罰は2打とする。
  5. ホールとホールの間での練習を禁止する(チッピングも含む)
  6. 排水溝、並びに樹木保護の為の巻き網、支線、支柱は動かせない障害物とする。
  7. グリーン上では、パター以外のクラブの使用を禁止する。
  8. スコアカードの提出はエリア制とし、そのエリアから出た時点でスコア提出とする。